トリキュラー 通販net窓ロ

トリキュラー21

 

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

トリキュラーの特徴まとめ【通販net窓ロ】

トリキュラーにはエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンが含まれているのです。トリキュラーであらかじめこの2つの女性ホルモンを体内に入れることで、体躯は卵胞がすでに成熟していると勘違いしてしまうのです。すると、卵胞を成長させる性腺ストレスホルモンが分泌されず、卵胞が十分に成熟した実になることができないため、排卵が起こらなくなるのです。

排卵は、性腺アプローチホルモンの一つである黄体設定ホルモンが大量に分泌されることで起こります。トリキュラーによって黄体設定ホルモンの分泌を制限することができると、排卵が起こらなくなります。排卵が起こったとしても、頸管粘液が入れ替わることで精子が子宮に入りにくくなり、子宮内膜が変化して受精卵が子宮をすり減らさないように保護します。子宮内膜がゆるむことで、月経痛の軽減、月経血量の減少、服薬中の不正出血の発生率の減少が期待されます。

排卵がなくなるのは、卵胞を成熟させるホルモンの分泌が抑えられるからです。これは、低用量ピルを服用して女性ホルモンを体内に取り入れると、脳下垂体が「女性ホルモンの分泌量が多い=妊娠」と認識するためです。トリキュラーに含まれる2種類の女性ホルモン(黄体ホルモンと卵胞ホルモン)を体内に入れることで、あたかも妊娠したかのように体内のホルモンバランスを整える働きをする薬です。女性本来のホルモン分泌に近い自然な状態で排卵を止め、妊娠を予防する薬なので、副作用の心配がなくなると考えられています。

女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)は、女性の活動性の向上、妊娠よりも出産、身体活動の維持に語りかける重要なホルモンです。エストロゲンとプロゲステロンのホルモン比率は、月経、妊娠、出産を成功させるために設定されています。

低用量ピルには、ゼロフェーズ、バイフェーズ、トライフェーズの3つのシリーズがあります。低用量ピルは、ホルモン量を3段階に分けてコントロールすることで、本来のホルモン分泌量と同じような差が出ます。ホルモン量を最小限にコントロールするため、前段階の製剤に比べ血便の心配が少ないのです。

トリキュラーの効果は、通常、服用後1~2週間で得られます。効能が得られると同時に避妊も可能です。月経不順の保存の影響も同様です。これらの反作用は、本剤を服用している数年間は守られます。トリキュラーに含まれるエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)という2系列の女性ホルモンが、妊娠のメカニズムに対抗して働きます。エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが優位になると、体内のセンサーが反応し、視床下部に指令を出し、ホルモン分泌を調節する。視床下部で女性ホルモンの存在感が増すと、ホルモンの分泌が抑えられます。

トリキュラーは、「妊娠しているから排卵する必要がない」という勘違いを継続的に行い、高い確率で避妊効果を発揮するため、妊娠を防ぐ効果が期待されるホルモン最適化法です。三相性低用量ピルであり、決められた順番に服用することで、28日間かけて有効成分を徐々に増やしていくことができるのが強みです。

タイトルとURLをコピーしました