アイピル 通販ブリッジ

アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

 

 

アイピルの特徴まとめ【通販ブリッジ】

アイピルはピラマル・ヘルスケア(Piramal Healthcare)社が販売しており、ノルレボのジェネリック医薬品であるため、通販で安く購入できる安全性に優れた商品です。アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、受精卵の羽床と卵子の排泄を抑制するため、行為後でも効果を発揮することができます。次の生理の到来を不安げに待つのではなく、満足のいかない妊娠を回避することができます。また、前駆作用として月経を調節することも可能です。

アイピルの有効成分は、レボノルゲストレル(レボノルゲストレル)です。アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、左旋性製剤しかないノルゲストレルから抽出されており、緊急避妊作用が顕著で、吐き気などの副作用も弱いとされます。アイピルは緊急避妊ピル、アフターピルとも呼ばれ、行為の際に避妊具を使用しなかったり、避妊具の破損により失敗した場合に、意図せず発見されない妊娠を防ぐために服用するものです。

ジェネリック医薬品のアイピルは、先発医薬品のノルレボよりもお求めやすくなっています。避妊をあきらめることを控えるために、あらかじめ装着しておく必要があります。アイピル(i-pill)は、インドの大手法人製薬会社シプラ社が開発した緊急避妊薬等(アフターピル、モーニングアフターピル、緊急避妊薬)です。総価格はノルレボより9割ほど安いため、事前に購入し、いざという時のためにバッグに入れておく女性が増えています。

アイピルは急速な普及を満たす緊急避妊薬で、クリニックを受診してドラッグストアでピルを入手するまでの時間が命取りになります。伝統的なヤッペ法は、1970年代から使われている緊急避妊法です。1,998人の女性を対象としたWHOのチャレンジ調査では、ヤッペ法の妊娠失敗率が57%だったのに対し、レボノルゲストレルの妊娠中断率は85%でした。この結果から、アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、従来のヤッペ法に比べて、最悪のケースでも妊娠を防ぐことができる方法であることがわかりました。

アイピルは、処方箋による緊急避妊薬として有名な「ノルレボ」のジェネリック医薬品です。ノルレボがフランスの製薬会社によって作られたのに対し、アイピルはジェネリック大国インドのピラマル社によって作られました。アイピルに含まれる女性ホルモン「レボノルゲストレル(黄体ホルモン)」は、妊娠に至る合併症に働きかける。体がレボノルゲストレルの存在を感知すると、視床下部というホルモン分泌を圧縮する役割を持つ部位がその処理を行います。視床下部にレボノルゲストレルが倍増したことが伝わると、性腺刺激ホルモンの分泌が一時的に抑えられます。

アイピルの主成分であるレボノルゲストレル1.5mgは、排卵の程度を遅らせて精子子供が受精しないように指揮するので、強制的に精子子供の受精を終了させて妊娠ブレーキにフィットネス効果を発揮することができるのです。アイピルは、行為後からの避妊を可能にするアフターピルです。行為後72時間以内であれば、高い確率で緊急避妊が可能です。

タイトルとURLをコピーしました