クロミッド ワールド通販

クロミッド・ジェネリック(Klomen 50mg)

 

 

 

オキシポロン50mg(オキシメトロン)

 

 

 

 

クロミッドの特徴まとめ【ワールド通販】

クロミッドは、無排卵周期、第一度無月経、または重症度が軽度から中等度に区別される排卵障害の治療に適した排卵連鎖反応薬です。「クロメン」は排卵障害治療薬クロミッドのジェネリック医薬品で、有効成分クロミフェン100mgを含有しています。エストロゲン拮抗薬であり、卵胞排出ホルモンの分泌を促進することにより、卵胞の発育と排卵を促します。

日本では不妊症の治療薬として使用されているため、安心して使用することができます。ご自身の排卵日を把握し、妊娠の可能性が高い時に行為を行うのが良いとされています。月経周期が不安定だと、排卵日を予測できず、妊娠の可能性が低くなってしまうことがあります。排卵誘発剤を服用することで、1~2週間後に排卵が起こる段階的な購入の可能性が高くなります。

排卵誘発剤を服用するメリットは、排卵を安定させ、排卵日を狙いやすくすることができるため、プロジェクト療法や人工授精の場合、妊娠の確率を高めることができることです。女性が服用する薬として知られていますが、実は男性不妊の治療薬として男性が服用することもある薬です。男性不妊の原因のひとつは精子に元気がないことですが、クロミッドを体内に取り入れることで、元気な精子が作られるようになります。

クロミッドを体内に取り込むことで排卵を誘発し、妊娠しやすい状況を作ることができるため、排卵障害による不妊に悩む方や妊活をしてもなかなか妊娠しない方に人気のあるお薬です。クロミッドは、1961年に米国のメレル社(現サノフィ・アベンティス・ギャザリング社)によって発明された排卵化学反応薬クロミッドの後発品です。有効成分としてクエン酸クロミフェンを含んでおり、体内に取り込まれると排卵を誘発し、不妊治療に効果を発揮します。

エストロゲンが少なくなると、卵胞誘導ホルモンが目立つようになり、卵胞を育てます。排卵誘発剤は、不妊治療で使用される無排卵症に悩む女性のための排卵連鎖反応剤です。クエン酸クロミフェンには、抗エストロゲン(抗女性ホルモン)作用があります。体内に取り込まれると、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の分泌を促します。FSHとLHの分泌により卵巣が刺激され、排卵が誘発されます。

他の排卵誘発剤と比較すると、排卵誘発剤の効果はやや低めです。排卵誘発剤は、月経が完全に停止して消失した排卵間隔ゼロ状態症候群や、卵胞ホルモンが正常に分泌されている第一度無月経と呼ばれるものなど、重症度が軽度から中等度に分類される排卵障害の治療に適しているとみられているのです。スタイルが息苦しくないという利点があるため、卵巣セットが顕著に想定されるような重度の排卵障害の治療にはあまり適しません。排卵誘発剤は、状況療法、人工授精、体外受精などで使用されています。

日本では、クロミフェンジェネリックの先発品であるクロミッドが、看護区で処方されることがあります。クロミフェン・ジェネリックの1容器50錠として、同じ有効成分であるクエン酸クロミフェンを処方する場合、クロミッド100錠が必要となります。クロミッドは、下垂体に作用してFSH(受胎調節ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)の分泌を促し、卵胞を大きく成長させる効果があります。

クロメンは、ファルマ社が開発した排卵誘発剤で、クロミッドのジェネリック医薬品です。クロミッドはNEW薬に比べて価格が手ごろなため、一般の方やインターネットのブログ、テレビ番組などで話題になっています。クロミッドは、不妊症(ゼロ状態排卵障害)に悩む女性のための排卵誘発剤で、不妊症の治療に使用することができます。

タイトルとURLをコピーしました