ヤスミン 通販ディビジョン

ヤスミン(ヤーズ配合錠)

ヤズ(ヤーズ配合錠)

 

 

 

 

ヤスミンの特徴まとめ【通販ディビジョン】

ヤスミンは、2種類の女性ホルモンを微量に含有する低用量ピルです。有効成分は、黄体ホルモンであるドロスピレノン3mgと、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオール0.03mgです。配合されているホルモンの数が少ないため、まさに超低用量ピルと呼ばれています。第4世代と呼ばれる最も新しい世代のピルで、バイエル社から販売されています。低用量ピルよりも副作用が少ないので、過去にピルを服用した際に副作用に悩まされたお客様や、ピルに抵抗がある方にもおすすめです。

ヤスミンは、有効成分を含まない超低用量ピルです。黄体ホルモンであるドロスピレノンと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールが卵胞の出力を抑制し、排卵を防止します。ピルを服用して副作用に悩まされた方、ピルに抵抗があるお客様、体の負担を軽減したい初めてピルを服用される方におすすめします。

女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンを配合した第4世代の低用量ピルです。ニキビの発生、むくみ、タイルの厚みの維持などの副作用が大幅に軽減されているため、米国では第4世代の経口避妊薬として最も多く処方されています。ヤスミンは第4世代の超低用量ピルです。第4世代のピルは、第3世代やそれ以前のピルに比べて、体重増加やニキビが少ないと言われています。超低用量ピルは、卵胞ホルモンの含有量が3mg以下のピルで、副作用が以前より少なくなっています。

ヤスミン以前の低用量ピルに含まれる黄体ホルモンは、男性ホルモンとメカニズムが似ており、皮脂分泌を促進するアンドロゲン作用や体毛を倍増させる作用がありました。ヤスミンに含まれるドロスピレノンという成分は男性ホルモンとは異なり、これまでの低用量ピルと比べて、ニキビやムダ毛の発生がなくなりました。低用量ピルは子宮頸管粘液の粘性を変化させ、精子が子宮に入るのを防ぐため、数ランク上の望まない妊娠を回避することができます。

黄体ホルモンに似た働きをするドロスピレノンを含有する第4世代の低用量ピルで、バイエルシェーリング社が製造・販売しております。わずかな利尿作用があるため、女性の悩みの種であるはずのむくみやニキビの進行を抑え、生理痛を溶かし、生理のタイミングを安定させることで生理痛時の症状を緩和する効果があるのです。ヤスミンは、低用量避妊薬としてだけでなく、生理痛のコントロールやホルモンバランスの乱れによる更年期障害のガードにも有用です。

ヤスミンは、第4世代の超低用量ピルと呼ばれる経口避妊薬です。有効成分である黄体ホルモン「ドキシピレノン」と卵胞ホルモン「エチニルエストラジオール」が排卵を抑制します。その結果、子宮内膜の過繁殖を抑え、月経困難症のつらい症状を鎮める効果もあります。ヤスミンは国内では一般的に販売されていないため、個人輸入で取り寄せるのが一般的です。

低用量ピルには排卵を緩和する効果があり、卵巣や子宮を休ませてホルモンの均衡を整えることができます。そのため、低用量ピルは当面の避妊だけでなく、月経困難症、月経前症候群(PMS)、生理不順、子宮内膜症、更年期障害、難治性ニキビの治療にも有効です。

低用量ピルにより、女性は自分で生理や妊娠をコントロールすることができます。避妊効果が大きく、正しく服用することでおよそ100%の避妊効果が期待できます。ピルによる脂肪増加はホルモンバランスの遷移によるものと言われていますが、ヤスミンは体重増加を最小限に縮小することを目標に作られました。

タイトルとURLをコピーしました