シーナック 通販井上薬局

シーナック(白内障点眼薬)

 

 

 

 

 

シーナックの特徴まとめ【通販井上薬局】

シーナックは、キャンCと同じN-アセチルカルノシンが成分として入っていて、その抗酸化作用でレンズの曇りを防ぐ作用があるようです。特に、文章が読みづらくなったり、車の運転がしづらくなったりしている中高年の男性に、選択肢が増えてきている目薬です。白内障になると、水晶体が濁って像が見えにくくなり、外の光がまぶしくて怖くて、生活に支障をきたすようになるそうです。白内障は加齢だけでなく、大気中の有害分子(電磁波傾向、大気汚染、太陽光による紫外線、ゴミなど)、疲労、ケガ、病気などが原因で、30代、40代でも発症する可能性があります。

シーナックの有効成分はN-アセチルカルノシンで、目に吸収された後カルノシンに変換され、水晶体の酸化を改善します。有効成分はカルボキシメチルセルロース0.3%とN-アセチルカルノシン1.0%です。これらの有効成分は、眼球侵入作用、抗保湿作用、コーティング作用を示します。シーナックは、インタスファーマ社が開発した白内障治療薬で、クララスタイルの後発品です。

シーナックは、「N-アセチルカルノシン」という複合タンパク質を含有する白内障治療薬です。日本ではまだ未承認ですが、欧米では白内障の工程言語治療薬として主に使用されている「Can-C」の後発品です。シーナックは、犬や猫の白内障発症を効果的に治療することができるラインオンタイプの医薬品です。白内障は主に加齢による目の水晶体の酸化が原因ですが、有効成分であるN-アセチルカルノシンが目の中のミネラルウォーター液に流れ込み、酸化の予防剤として効果を発揮するのです。

有効成分であるN-アセチルカルノシンは、2010年にFDA(米国厚生労働省に相当する行政機関)に認可された最新の白内障治療薬です。その理由は、N-アセチルカルノシン以外の成分であるカルボキシメチルセルロースが角膜の修復・保湿をフォローする効果があり、人間だけでなく動物(主に犬や猫)の白内障にも有効であるためです。

白内障の症状は痛みを伴わないため、気づかないうちに進行してしまうというメリットもあります。原因は多岐にわたりますが、最も多いのは加齢による感作と考えられています。混濁の初期段階を含めると、50歳代では約半数、80歳代以上ではおそらく100%が発症すると言われています。水晶体の混濁の原因は、細胞に含まれるタンパク質の酸化変性にあると考えられています。タンパク質の変性は禁止の反対であるため、一度変性すると元に戻すことはできません。そのため、白内障は初期の段階で治療し、重症化するのを防ぐことが大切です。

白内障は、まぶたにある水晶体というレンズの役割をする部分が白く濁ってしまう病気です。水晶体が濁ると、外からの光を通しにくくなり、視力が低下します。白内障の初期には、少し目がかすんだり、物が2倍、3倍に見えたりしますが、進行すると失明の危険性もあり、大変深刻な病気です。シーナックに必要なN-アセチルカルノシンは、眼球内でカルノシンに変換され、抗酸化作用を発揮します。カルノシンは目の中の水晶体に容易に作用し、タンパク質の酸化変性を防ぐため、白内障の順番を減らすことができます。

タイトルとURLをコピーしました