リピトール 通販ディビジョン【送料無料】

リピトール10mg

アトルバスタチン10mg(リピトール・ジェネリック)

 

 

 

 

 

リピトールの特徴まとめ【通販ディビジョン】

リピトールは、体内のコレステロールの値を下げる治療薬です。治療薬としての効果だけでなく、狭心症や心筋梗塞を予防する効果もあります。また、中性脂肪に即効性があり、脂肪がつきにくい体質に改善する効果もあります。スタチンは、標準項目のスタチンと、LDL排出量が多いかどうかで分類されるストロングスタチンに大別されます。リピトールの有効成分であるアトルバスタチンはストロングスタチンに属し、その作用は他と比較して非常に強力です。

有効成分である「アトルバスタチン」の語尾をとって「スタチン系薬剤」と呼ばれることもあります。臨床試験では、リピトール20mgサブ錠10mgを1日1回服用することで、総コレステロールが正常値の上限220mg/dl以内、LDLコレステロールが正常値の上限140mg/dl以内に収まる病人が81.4%、85.1%という結果が得られました。リピトールは、85.1%の病気でLDLコレステロールを正常上限値(140mg/dl)以内に低下させることができたと考えられています。

リピトールは、血中のコレステロール値を安定化・低下させることにより、家族性高コレステロール血症や高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬剤です。日本人の約30%が脂質異常症(高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症)を有していると言われており、動脈硬化や心筋梗塞の原因となる可能性があります。動脈硬化のひとつであるコレステロールを抑制することで、脳梗塞や心筋梗塞の予防効果があると考えられています。

レステロールを抑制するために使用される薬剤です。リピトールでは、有効成分アトルバスタチンがHMG-CoA還元酵素の関与を阻害することで、コレステロールの生成を抑制することができます。アメリカの有名な店舗製薬会社ファイザーが開発した品で、日本では2000年にセドレリン用として発売されました。有効成分のアトルバスタチンが、コレステロールの生成をバックアップするHMG-CoA還元酵素の働きを阻害することから、「HMG-CoA還元酵素阻害薬」とも呼ばれています。

リピトールが使用される代表的な病気は、高コレステロール血症と家族性高コレステロール血症です。これらのコレステロール価格の高い病気を総称して、例として脂質異常症と呼んでいます。コレステロールは脂肪商の一種で、細胞膜を形成したり、副腎皮質ホルモンの材料となったりと、体にとって必要不可欠なものです。しかし、特に肝臓で作られるLDLコレステロールが増加すると、身体に悪影響を及ぼすリスクが高まります。

有効成分のアトルバスタチンカルシウムは、コレステロールの生合成系の律速酵素であるHMG-CoA還元酵素を阻害し、肝臓でのコレステロールの産生を抑制する作用があります。生活習慣病のひとつに脂質異常症というものがあります。悪玉コレステロールが極端に多くなったり、逆に善玉コレステロール(H-downloadコレステロール)が少なくなったりする病気です。LDLコレステロールは、コレステロールを全身に運ぶという重要な役割を担っていますが、増えると血管の難所に付着して血流を害することがあります。

コレステロールは、食事メニューの見直しやバランスの良い運動で減らすことができますが、生活習慣の見直しが難しいお客様には難しいため、リピトールなどのお薬が使用されます。高コレステロール血症は、血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂肪分が過剰に存在する病気です。以前は高脂血症でしたが、現在では脂質異常症と呼ばれなくなりました。また、家族性高コレステロール血症の治療にも使用されます。

タイトルとURLをコピーしました